[[TeX/Install]]

*システムのアップグレード [#z4e8412b]

**バックアップ [#j23e1b66]

例えば次のようにバックアップしておきます。

 # cd /usr/local/
 # mv teTeX teTeX.bak

**アップグレード [#h9b8129f]

通常のインストールの時と同様にインストールします。バックアップをとっていると、標準的な teTeX のシステムが消費するディスク容量の最大4倍弱を消費しますので、ディスクの空きには注意しましょう。
通常のインストールの時と同様にインストールします。バックアップをとっていると、一時的に標準的な teTeX のシステムが消費するディスク容量の最大4倍弱(teTeX ソース、バックアップ、インストールイメージ、新たにインストールされた teTeX ツリー)を消費しますので、ディスクの空きには注意しましょう。

**復元 [#p579510c]

texmf-local を復元します。

 # cd /usr/local/teTeX.bak/share
 # mv texmf-local /usr/local/teTeX/share

**.map ファイルの再登録 [#c007c988]

texmf-local に加えて texmf-config, texmf-var を復元すれば設定も復元されると思いますが、TeX システムのアップグレードに伴って変更されているものがあるかもしれませんので、安全のために .map ファイルを再登録します。

手順としては

+mktexlsr の実行
+texmf-local 内の .map ファイルの検索と updmap-sys の実行(.map ファイル生成なし)
+updmap-sys の実行(.map ファイル生成あり)

となりますが、かなり面倒なので、シェルスクリプトをつくってみました。下の内容をコピーするか、添付されているファイルをダウンロードして実行して下さい。

下のシェルスクリプトを実行するには root 権限は不要です。シェルスクリプトを実行したあと、mapreg.sh というシェルスクリプトができますので、これを root 権限で実行して下さい。

 #!/bin/sh
 #
 # ptetex3mapregmk.sh
 #
 # by MATSUURA Takashi
 #
 # 2007/02/09 v1.0
 #
 
 TMPFILE=mapreg.tmp
 MAPREG=mapreg.sh
 TEXMF=/usr/local/teTeX/share/texmf
 TEXMFLOCAL=${TEXMF}-local
 MKTEXLSR=mktexlsr
 UPDMAP=updmap-sys
 
 if [ -e ./${TMPFILE} ];
 then
     mv ${TMPFILE} ${TMPFILE}.bak
 fi
 
 if [ -d ${TEXMFLOCAL} ];
 then
    if [ -e ${TEXMFLOCAL}/ls-R ];
    then
	echo ...
	cat ${TEXMFLOCAL}/ls-R | grep "\.map" >${TMPFILE}
    else
	echo Please mktexlsr as root first.
	exit 1
    fi
 else
    echo Please restore the texmf-local tree.
    exit 1
 fi
 
 echo '#!/bin/sh' >${MAPREG}
 echo  >>${MAPREG}
 echo ${MKTEXLSR} >>${MAPREG}
 sed "s/^/updmap-sys --nomkmap --enable Map=/" ${TMPFILE} >>${MAPREG}
 rm ${TMPFILE}
 
 if [ -e ${TMPFILE}.bak ];
 then
    mv ${TMPFILE}.bak ${TMPFILE}
 fi
 
 echo ${UPDMAP} >>${MAPREG}
 chmod 755 ${MAPREG}
 echo ${MAPREG} created successfully. Please run ${MAPREG} as root.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS